注目癒し系タレントベスト5!

注目癒し系タレントベスト5!

癒し系タレントは1995年からのコカコーラ「ジョージア」のCMに、飯島直子(38)が出演した事がブームの火付け役とされています。冬場の寒い中で「ほっ」とする温かさを提供する当時のコーヒーのCMが「ほんわか」した和ませる雰囲気がある=「癒し」であると話題になり、その後99年に優香(26)が共演したシーズンに流行りのピークを向かえ99年の流行語大賞になりました。

その後も、本上まなみ(31)や乙葉(25)等が引継いだ「癒し系タレント」の枠は、混沌とした不景気社会に求められるカテゴリーとして継承され続けました(両者は共に結婚)。そんな中、昨年は癒し系ブームに乗って騒がれていたタレント達が偶然にも次々に婚約・結婚。吉岡美穂(26)や井川遥(30)、藤原紀香(35)などの癒し系タレントのポストが空いてしまうのです! 

そこで、引き続きこのストレス社会に求められる癒し系タレント枠を受け継ぐ注目のタレントは誰なのか!? 色んな角度から選出しBEST5形式で(最近の情報も含め)ご紹介します。



第5位 磯山さやか



磯山さやか(23) A型
1983年10月23日生まれ
茨城出身 155cm 06年に東京ヤクルトスワローズ
公認女子マネージャー
06年いばらき大使に任命



やはり、癒し系タレントはコカコーラ「ジョージア」のCMからなのか? 「いそっち」の愛称で親しまれている彼女は、優香の所属する「ホリプロ」のグループ会社「ホリエージェンシー」の所属です。グラビアアイドルから癒し系タレントへという王道を継承しています。

去年の秋に「ジョージア G1チャレンジ」キャンペーンで水着姿をCMで披露し(現在WEBサイトに「ジョージアエンジェルス」としての活動として行っていた動画コンテンツ「天使のヒトコト」が残っています)、2006年3月発売のDVD『Asian Mermaid』を最後の水着DVDと公言していました。しかし、前述のCMで水着姿を公開。まだ23歳ですし、グラビア映えするルックスですので、どんな形であっても水着になって癒して欲しいものです。

バラエティ番組では、もっぱら野球好きと茨城出身を強調!「6・4・3のゲッツーが好き」というマニアっぷりが評価され06年古田新監督公認のもとヤクルト女子マネージャーに任命されました。06年シーズン中はヤクルトのマネージャーとしての日記BLOGを展開したり、『磯山さやかの「女子マネ」野球主義!』という書籍を発売するに至りました。また、06年には、いばらき大使にも任命され、フジテレビ系『おはよう茨城』の07年新年一発目のOAで特別企画としてゲスト出演し、知事との新春対談を行うなど活躍しています。

某バラエティ番組では「抱き心地のいい体を目指している」というドッキリ発言をしておりましたが、基本的におっとり・ほんわか系の容姿でありながらも、SEXY路線でもいける(グラビア出身)という魅力ある癒し系の条件(ギャップ)を持ち合わせているのでさらなる活躍を期待します!




第4位 安めぐみ



安めぐみ(25)A型
1981年12月22日生まれ
160cm 東京都出身 99年 集英社・ヤンジャン主催
第10回YJ制コレ準グランプリ
B85・W58・H87



お茶の間の人気者・癒しタレントと呼ばれるまでは『トゥナイト2』や『王様のブランチ』などのレポーターでの起用が話題になった位で、地味にグラビアアイドルとして活動しているだけにも見えました。が、しかし! この2、3年で癒しタレントの位置をキープするに至るターニングポイント的お仕事はFMラジオ『TR2 Wednesday』(2003年5月-2005年9月、J-WAVE)でした 。やはり、しゃべりがうまいというか味がある人は話題になるんでしょうか。同じ番組のパーソナリティーが今ではすっかり人気作家になってしまったリリー・フランキーであった事も運に恵まれていたのだと思います。

昨年、アサヒ飲料「若武者」のCMで宮迫博之(雨上がり決死隊)と瑛太が通うお店の看板娘役で癒しを提供! オリコンの「男性が選んだ結婚したいと思うタレントランキング」や「いいお嫁さんになりそうな女性タレントランキング」(2006年)で1位に選ばれるまでの認知が広がっています。全国区として認知されている事はNHKでレギュラー番組(POPJAM)を持っているというのも力になっていると思われますが、バラエティ番組だけでなくドラマや舞台にも出演して頂きたいです。そろそろですかね?。

O-25(25歳以上)のグラビアアイドルの中では、癒し担当としてデビュー当時と違った魅力をグラビアで表現していてオファーも途切れず、DVDや写真集が未だに発売されるのは嬉しい限りです。2007年まだまだ注目の癒しタレントです。ちなみに前述のリリー・フランキーと一緒に「リリメグ」としてCDデビューしていますが、いわゆる企画モノとは違ってかなり歌が上手いのには驚きでした。癒されます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。